スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.02.06 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

近況報告です♪

瞬く間に日にちが過ぎ、すでに10月も終わりを迎えようとしています。

ブログ、なかなか更新できずに、申し訳ありません。

お蔭様で、毎日、忙しく過ごしております。

嬉しいこと、楽しいこと、多々あり…
その間に、悲しい出来事もあったり…
いろいろな感情を感じています。

ただ言えるのは、あまりマイナスにはまらない。
何事にも前向きに取り組んでいけている、ということ。

これ、私にとって、かなりの進歩、というか、大きな変化です。

養成コースや演奏会だけでしか、私と接していない方々は、
「はらさんはいつも、朗らかで明るい人」
というイメージがあるらしく、そうでない私に触れたとたん、
びっくりされてしまうことも多々あったりしてまして…。

人間的に未熟なところがた〜〜〜っくさんの私なのです。

それが、どうも、最近変わってきています。
自分で言うのもなんですが…。

10月の頭に祖母が亡くなり、どうも、そのあたりから、
かなり感覚が変わってきているのです。

祖母の死はあまりにも突然で、家族中が呆気にとられている状態でした。
身内との別れほど、つらいものはないですね。

魂の勉強をしていて、輪廻転生も信じていて、
天国も宇宙もわかっていても、
それでも、つらいものはつらい。


そんな中、先日、とある会社の創立10周年のパーティにて、
ゲスト演奏させていただきました。

そこは、茨城。
祖母の出身が茨城。

これも何かのご縁なのでしょう。
このお仕事のお話をいただいたのは、6月末でしたから。

この日を境に、さらに感情が落ち着いてきている、というか、
安定しています。
マイナスにはまりそうになっても、すぐに客観的に捉えて、
次の瞬間、シフトしています。

う〜〜〜ん、我ながら、ホント、すごい成長です。

祖母の残してくれた、贈り物なのかもしれないです。

この日の演奏は、と〜〜〜〜ってもサイレントで、心に染み渡る音色となりました。
(自画自賛)

会場もとても素敵なところで、
キャンドルの演出が美しく、クリスタルボウルもとても喜んでいるひと時となりました。



さぁ、明後日からは、長野での養成コースです。
初級の開催は、実に3年ぶりです。
どんなコースになるか、楽しみです。
そして、鏡池も…今年行くのは、今回が最後かな?











ひとつの答え

 
たくさんの方に、暖かな、ためになるメッセージ、いただきました。
ありがとうございましたぴかぴか(新しい)


朝、起きたときに、受け取ったメッセージは、
「眠り」というキーワードでした。
やはり、クリスタルボウルは、究極の癒し…眠りを
もたらすものとして、極めていくのが、良いのかな?
そんな気持ちで、出社。


偶然にも、今日から養成コースでしたので、
さっそく試しに生徒に聴いてもらいました。


彼らの意見は…
「オープニングで雲海がイメージできた」
「もっとクリスタルボウルの音があった方が良いのに」
「ハープの低音とクリスタルボウルの低音が重なり合って、
 これから…というところで次の曲に入るので、残念」

などなど、身内意見というか…
ようするに、クリスタルボウルを理解している方々の意見は
かなり好評なのです。


でも…でもですね〜〜〜
一緒に聴いていた私の感想は…
「こりゃ、だめだ」
の一言でした。

今まで、小さなスピーカーで聴いてた時は気づかなかった、
音のアンバランスさが、ちゃんとしたスピーカーで聴いたら、 如実でした。

天の世界をイメージするなら、もっと違う奏法があったな、と。

これ、ボツにしていただいて、良かった、と 逆に思ってしまいました。

そしてまた、今回のことで、いつも行っている、
ハープとのコラボ、「不思議なコンサート」のハーモニーを
客観的に聴くことができました。
これが大きな収穫だったと思います。
今後のハーモニーを創り出していく上で、非常に参考になります。
また、今後の私の演奏にも、大きく役立ちます。

これが、9月10日に受け取ったひとつの答えでした。


皆様、本当にありがとうございました。



今後の課題

 

 

先日、9月1日「太古の響きコンサート」の翌日翌々日の9月2,3日は、
ハープ・セラピスト小倉知香子さんにお声かけいただき、
レコーディングでした。
タイトル「天の真名井」と題されたこのCDは、
ハープとピアノで表現するお話、「真名井の水」。

天で作られたお水が、この地に降りてきて…川になり、海になり、
やがて天へと帰っていく…。
そのオープニング、天界で水が生まれるシーンを、
ハープとクリスタルボウルで表現する、そういう企画でした。
今まで、クリスタルボウルのみのCDは出しましたが、
他の楽器とのCD制作はもちろんしていませんし、
ハープとのコラボレーションのCDは、
初めてで、ワクワクドキドキ…。
ピアニストの、弓削田さんも、すばらしい感性の持ち主で、
素敵な演奏でした。
制作が終わり、デモCDをいただき、作品の出来上がりを
楽しみに待っていました。

ところが!

昨日、先方から連絡が入り、
「何度も何度も最初から最後まで繰り返して聴きましたが、
 やはり、高天原の音色が一般に受けいられないんでは、
 と…こちらの意見なのですが…」と連絡が!


ええっ…!
高天ヶ原の音はなし…?
クリスタルボウルの音はここだけなのに…?

カット?????
がっくし…バッド(下向き矢印)たらーっ(汗)


う〜〜〜〜〜ん…一般の人、クリスタルボウルを知らない人に、
この音色を理解し、受け入れていただくには、
まだまだ時間がかかるということなのでしょうか…。

「この音は、クリスタルボウル」とわかっていてCDを聴く人は
受け入れられるけど、そうでない人は、だめってこと???
そういうふうに、脳は反応するのでしょうか?

レコーディングしたCDは、
まず一曲目にハープとクリスタルボウルの音色が流れてくるけれど、
聴く人にとって、ハープの音はわかっても、
一緒に流れる「ボ〜〜〜〜〜〜ン」と鳴っているの音は
「何だろう???」と違和感を感じたり、
脳が「わからない」という反応をするのでしょうか?

う〜〜〜〜ん…私の方が、よくわからなくなってきました。


クリスタルボウルの音色とわからずに、このCDを聴くと、
聴いた人はどのように感じるのでしょうか?

お寺の鐘?

単なる効果音?

何かで作った電子音?

それとも…?


確かに、レコーディング時のマイクの置き方や録り方などにより
全然違いますし、鳴らし方(叩いたり、こすったり、長く響かせたり、
いろいろ叩いたり、、、)でも録れ方は違ってくるでしょう。
もっと、他の演奏方法だったら、良かったの?
もっと、違う音だったら、良かったの?

コンサートのたびに
「天界の音」「宇宙の音」「天とつながる音」など
沢山の感想をいただくこの音も、CDにすると違和感がある…と
いうか、クリスタルボウルの真の意味・お役目がわかっていないと、
理解してもらえない音色なのでしょうか?

ただ、「音楽」として聴こうとすると、無理があるのでしょうか?
人間の脳の仕組みから勉強しないとだめなのかしら?


頭の中で、たくさんの???が生まれてきて、
これから、どうしていったら良いのかなぁ〜〜〜、
そんなことを昨夜から考えています。

音は人それぞれの捉え方、(直感も含めて)、
また、知識を理解するかしてないかで違ってくるように思います。

まだまだ認知度がない楽器なんだなぁ〜〜〜クリスタルボウル!

まずは、この音色を知らない方に、このCDを聴いていただき、
感想を聞きたくなりました。


また、昨日この連絡が入ったことも、
ひとつのメッセージのように感じています。
9月9日ではなく、9月8日である必要があったのかな、と。

まぁ、そんな感じで迎えた今日。
ゼロ〜リセット〜にする、999の日。
そして、七福神が降りるといわれていた、9月9日。

ホ・オポノポノで、1日過ごしました。
それも後数分で終わり…。
クリスタルボウルの新しい夜明けを祈りつつ…
眠りにつくとします。

明日の朝、目覚めたら、何か答えが閃いてくるといいなぁ〜〜〜。

そうだ!
明日から、養成コース中級だった。
まずは、生徒さんたちに聴いてもらって、感想聞こう。


おやすみなさい…


素晴らしき体験♪

先月末の「幣立神宮ワーク」から、何かが動き出したようです。

9月1日の【太古の響きコンサート】のご報告をしたいな、と
思いながら、忙しい日々を送っております。

コンサートは、本当にたくさんのお客様にお越しいただきました。
この場を借りて、心から感謝いたします。





1時間半の演奏の中、何度も笑みがこぼれたり、
泣きそうになったり…。
自分の心が動かされ、浄化されながらの演奏でした。

この日のことを、ディジュリドゥのKNOBさんが日記
日々の感動に書いてくれています。

これを読み、うれしくて泣いてしまいました…。


彼のディジュリドゥとは、いつかご一緒したいと思っていました。
彼の演奏を初めて聴いたとき感じた感覚が、私のクリスタルボウル
への思いと一緒だと思ったから。
この日記を読み、私が感じたあの時の感覚がよみがえってきました。
今回、小倉さんのおかげで、この夢が実現しました。
ハープとのコラボも、今年で4年目になり、2人の紡ぐ音色も
どんどん洗練されてきています。
何より、小倉さんの奏でる音色1音1音には、深い「何か」が 宿っています。
それは、聴く人ひとりひとりに必要な「何か」 なのです。
その「何か」がクリスタルボウルによって、 皆様の深い部分に届くのだろう…
最近、そんなふうに思っています。
そこに、Hiroさんの、精霊のスピリットとつながる祈りとフルートの音色。
meeさんの、魂が洗われるような、やさしいこもりうた。
そして、われらが日本魂の奥深さを感じさせる一左さんの小鼓。

今、ここに書いただけでも、どんなエネルギーがこの日、
生まれていたのだろう…と胸がいっぱいになります。

改めて、あの空間にいた、すべての方々に心から感謝いたします。
ありがとうございました。
また、近いうちに、どこかで………ぴかぴか(新しい)



翌日9月2,3日は、小倉さんのレコーディングに
参加させていただきました。
これもまた、幣立につながる、不思議なご縁です。
このことは、また後日…












今日はこれから…

九州から昨日、戻りました。

台風の中、「飛行機飛んでくれるかしら?」と思いつつ
「明日コンサートだから、飛ばないわけはない!」
とちょっと強気に思ってたりして…。

無事に羽田までのフライトを終え、
(とっても上手な機長さんで、全然揺れなかったの、えらいぞ、JAL!)

昨日午後から、4時間のリハーサル。
充実したコンサートになります。
【太古の響きコンサート】
おかげさまで、チケットはほぼ完売。


幣立神宮でのワークのことは、またおいおい書いていきます。


今回は、偶然がいくつも重なり、宮司さんとお会いでき、

奉納演奏をさせていただけました。

その後、境内で撮った写真です。

玉響も写っていたり、精霊も写っていますね。

では、これから、コンサート準備にでかけます。

チケット購入いただいた方々へ…
18時からのドリンクタイムは、
出演者との交流時間となっておりますので、
お早めにいらっしゃると楽しめます


長野〜成田空港〜東京ディズニーランドホテル

21日、長野オアシスでの演奏会、無事に終了いたしました。


この日、お昼は、ハープ・セラピスト小倉さんのハープ教室の生徒さんの発表会でした。
久々に、お客様としてゆっくりと演奏を聴かせていただき、リラックス
その後、琵琶スタジオのスタッフさんの手料理で懇親会

とってもおいしくって、とっても盛り上がりましたね〜〜〜

夜の「不思議なコンサート」は

白樺林の静寂の中、静かにそして深く音色が響きわたるものとなりました。
あちこちから、寝息が聞こえてきて…。
リラックスいただけたようで、良かったです


そして、そのまま深夜3時、長野を出発
そのまま高速を走り続け、6時間後、翌朝9時には、成田空港へ…
このときほど、「どこでもドア」が欲しいと思ったことはなかった…

でも、元気に帰国してきたバリ島ワーク帰りに面々を見ていたら、
その疲れもどこかに飛んでしまいました。
毎年思うのだけど、子どもたちの成長は著しい
3週間で、これだけ変われるのか…と思う。
背が大きくなった子や、足が大きくなって靴が入らなくなって帰国する子もいたり。
何より、目の輝きが違う
どうぞ、その輝きそのままに、成長していって、と心から祈ってしまう

今年の帰国日22日は、私の最年少生徒、さやちゃんのバースディ
彼女は毎年、バースディはディズニーランドで過ごす、と決めています。
でも、今年は無理。せめて、食事だけでも…ということで、
そのまま
「東京ディズニーランドホテル」へ…

初めて行った「東京ディズニーランドホテル」は、感動感動感動…
大好きなティンク(ティンカーベル)を探しまくってしまいました。


予約していたレストラン
「シャーウッドガーデンレストラン」は、ビュッフェスタイル。
いや〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
美味しいのなんの!
何種類の食事があったのでしょうか?




デザートだけでも、10種類以上ありました…
中でも、ミッキーの形のワッフルは、生クリーム他、ソースまで選べます。

こちらは、マンゴーソースです

最後は、アニバーサリーケーキでお祝いを

ここでもティンク発見

さやちゃん、バリ島ですっかりお姉さんになって帰ってきました。
バリ島での演奏姿も、まるで大人のようで、驚きました。
(お母様のブログ)
誕生日を迎え、さらに大人への階段を昇った感があります。
将来が楽しみです。
おめでとう…さやちゃん


今週末は、いよいよ幣立神宮での「デトックスワーク」です。

そして、帰ってきてすぐに、【太古の響きコンサート】です。

申し込みは、いずれも、
http://www.7crystalbowls.jp からどうぞ 







長野へ参ります♪



 5年ぶりの日本の夏…すなわち、「お盆休み」なるものを過ごさせていただきました。

お墓参り…ご先祖様への感謝を済ませ、
これからまた、精力的に活動して参ります!

今週金曜日は、長野・飯綱高原【オアシス】にて、
『不思議なコンサート』を行います。

詳細は、こちらから…

お近くの方、またそうでない方も是非足をお運びいただけたら、と思います。

お待ちしております













自然に溶け込んだ音色…♪

8月8日、【ブナ林コンサート】は、心配された雨も何とか持ってくれて、
ブナ林の自然の中、無事開催されました。

とってもとっても素敵な場所でした



ブナの木が、まわりを取り囲むように茂っていて、
真中が広場のようになっているのです。
そして、空を見上げると、その広場に、アーチを作るように、葉っぱが生い茂り、
ドームの屋根のようになっているのです。
どうして、こんなふうにはえているのでしょう?
自然の力ってすごいです

 草笛の、横山信明先生が、
 皆様に草笛の伝授。
 この場所、草笛に最適な「黒文字」という
 葉っぱが、山のように繁えていて、
 しかも、大きいものばかり。
 お客様も、皆様、果敢にチャレンジ
 なさっていました



  私も、気持ちよく演奏させて
  いただきました。

  ただ…前半、他の音は
  横に広がっていくのに、
  第1チャクラの音だけ
  どうしても、土に吸われてしまって
  横に広がりませんでした。
  長い雨で、大地がエネルギーを
  必要としているのかな? と。
  そこで、大地に向って、
  感謝の祈りを始めたら…
  すぐに音色が横に
  広がり始めました。
  良かった 
  
  鳥のさえずり…
  蝉の声…
  そよぐ風…

  クリスタルボウルの音色は
  どこまでも広がっていき、
  それらの自然の音と
  混ざり合って、
  す〜〜〜〜っと溶けて
  消えていく…                        
  最高でした
 
  最後は、小倉さんのハープ演奏。

これも、最高に絵になりますね〜〜〜。

ドレミの歌をはじめ、夏の思い出、千曲川、ふるさとを皆で合唱。

素敵な時間でした。

音楽って、本当はこんなふうに聴くのが、最高なんでしょうね。




最後におまけ映像…

クリスタルボウルに映った、ブナ林です



 
















心躍る時間♪

今日は、【太古の響きコンサート】のリハーサル(音あわせ)でした。



  すごすぎました。

  たのしすぎました。
 
  もう、ワクワクを通り越して、フワフワです。
  
  顔はゆるみっぱなしで、
       口はあけっぱなしだったと思います









ディジュリドゥのKNOBさんとは、5年前にある方の紹介で逢っていました。
そのときから、「いつか、コラボできたらいいなぁ〜〜」と思っていました。

先日、小倉さんとの「不思議なコンサート」にお越しくださり、いただいた感想は、
「クリスタルボウルと一緒になると、ハープの音色が虹色になりますね」
という、何とも感動的なお言葉!

そんな感性の持ち主である彼の生み出す音色は、パワフルなんですね〜〜〜。
今回ご一緒させていただけることとなり、ただただ嬉しくって!


インディアンフルートのHiroさんは、そのKNOBさんがご紹介くださいました。
本場アメリカのネイティブアメリカンの方の下で修行。
4日間も、飲まず食わずで踊り続け、祈り続ける、なんてすごいことも体験しているので、
どんな、強そうな人だろう…と思っていたら…。
とってもとっても繊細で、やさしくて、それでいて大きな懐をもった方でした。
この音色がまたすばらしい!
やさしい中に強さがあるんです。
心の中に、す〜〜〜っと溶け込む感じです。


そして、小鼓の望月さんとは、何度かお会いしたことがあり、
とにかく楽しい方で、一緒にいると、笑ってばかり。
それが…小鼓を持つと、人が変わったようなんですね〜〜〜。
腹の底から出る声と、澄んだ小鼓の音色は、
身体の中心に響いてくるんですよ!


そして、いつもご一緒させていただいている、ハープ・セラピストの小倉さんは、
ちょっと音色を聴いただけで、一緒に演奏していても、感情が動かされる、すごい人。


そんな方々とのコラボ。

本当にありがたいです。

今日のリハーサルは、エンドレスに終わらないのかと思うくらい、
次から次へと、音色が折り重なっては消え、折り重なっては消え…
幾重にもできる、音の層…
どの一瞬を抜き出しても、様になるハーモニー、という感じでした。


このブログを読んでいるあなた!
このコンサートは、参加しないと、後悔しますよ!
自信を持って、お勧めします




そして、明日は、小倉さんと、長野まで出かけてきます。

飯山にて【ブナ林コンサート】です。
日本で野外のコンサートは、とっても久しぶりです。
というか、本格的なのは、初めてかも?
お近くの方、是非、足をお運びくださいな。
お子様たちの夏休みの良い思い出にもなりますよ














太古の響きコンサート♪

バリ島に行かない、5年ぶりの夏。

なんだか、予定がとっても盛り沢山で、
ありがたい話です…。

そしてとってもとっても楽しみなイベントも決まりました〜〜〜






題して
    【太古の響きコンサート】

遥か昔、海に沈んだといわれる、アトランティス大陸の【クリスタルボウル】

エルサレムにて、ダビデ王が奏でて悪霊を追い払ったと云われる【ハープ】
オーストラリア原住民“アボリジニ”の聖なる楽器【ディジュリドゥ】
アメリカ大陸原住民“ネイティブアメリカン”の【ネイティブアメリカンフルート】
そして、和を代表して、倭国の【小鼓】


五つの楽器が出逢います…

さぁ、どんなハーモニー、エネルギーが生まれるでしょう?

考えただけど、ワクワクします 


      太古の響きコンサート

★日時:2009年9月1日(火) 19:00〜
    (18:00〜 ドリンクタイム)

★場所:代々木上原・
MUSICASA

★料金:前売り 4,000円   当日4,500円
    (ワンドリンク付き)

★出演:ハープ      
小倉知香子
    ディジュリドゥ     KNOB
    小鼓          望月一左
    アメリカンフルート 
Hiro Thunder Hawk
         クリスタルボウル  はら・まゆ魅

★問い合わせ先:夢ぷろじぇくと  TEL 03-5373-8031













           

今後の演奏スケジュール 他

お薦め商品

聴いて幸せがおとずれるクリスタルボウル・ヒーリングブック
聴いて幸せがおとずれるクリスタルボウル・ヒーリングブック (JUGEMレビュー »)
永田 兼一
クリスタルボウル入門編!誰にでも分かりやすく書いてあります。「リラックス」「デトックス」「眠り」「宇宙遊泳」4曲のCD付♪

リンク一覧

search this site.

sponsored links

モバイル

qrcode
          

カウンター